マスコミが報道しない真実

マスコミの言う「報道の自由」は、「報道しない自由」でもある。その報道されない真実とは…

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

震災で甦る日本精神 【日本論】

敷島の、大和心の雄々しさは、事あるときぞ、現れにけり。
 
これは日露戦争開戦に際し、明治天皇が詠まれた和歌である。意味は、「大和心・日本精神は、(平時には判らないが)国難の時こそ、はっきりと判るものだ」と言うこと。

震災時、突然の危機に際してもなお、自己の危険を顧みず職務を全うした人々が数多くいらっしゃっいました。


【日本人社員、20人の中国人研修生を助けて避難させた後、津波に呑み込まれて行方不明】
地震発生時、地面が激しく揺れた。佐藤水産株式会社の中国人研修生20人は宿舎付近の高台に避難した。まもなく、同社の佐藤充専務が「津波が来たぞ!」と叫びながら走って来て、彼女たちを連れてさらに高い場所にある神社へと避難した。研修生を避難させた後、佐藤専務は妻と娘を探すため宿舎に戻った。しかし、宿舎はまもなく津波に呑まれ、それっきり戻ることは無かったという。中国国営の新華社通信は、自分の家族よりも先に中国人就学生たちを救った佐藤充さんの姿を詳細に報道。この新華社電を北京紙「新京報」3月17日付で大きく掲載しています。下はその掲載したページです。

shinsai4


また「週刊新潮」は、拡声器のマイクを握ったままだった消防団の遺体。衛星電話を同僚に渡した直後に流された病院事務局長。避難誘導で交差点に仁王立ちし、迫る津波に動じなかった警官。呑まれることを覚悟して半鐘を打ち続けた還暦前の消防団員など、 恐怖に耐え、身を挺して他人を救った「殉職者」たちを「瓦礫に咲く花」として特集している。(2011年4月7日号)

殉職者たちの、崇高な自己犠牲の精神に心打たれない者などいないであろう。是非、教育の場で後世にまで語り継いで欲しいと思う。

元革マルの仙石由人に「暴力装置」呼ばわりされた上に予算・人員を削られた自衛隊。災害現場では、1日3時間程度の休憩しか取らずに作業に当たり、16000人(3/15現在)の生存者を救出した。民主党は出動命令を出す前に、自衛隊に謝罪するべきだ。

また、原発の不安を煽る報道ばかり繰り返し、自衛隊の奮闘を報道しないマスコミ。反日マスコミにとって、自衛隊の活躍は都合の悪い事実なのであろう。同じ日本人でありながら残念なことだ。

shinsai3

shinsai2

震災当初、放射能汚染の実態がつかめず様子見を決め込んでいた米軍だったが、被爆を恐れず避難地域にとどまって救出活動を続ける自衛隊員の姿が米軍を鼓舞させた。米軍は「TOMODACHI(トモダチ)作戦」を発令。陸・海・空、海兵隊の4軍で約1万6000人、航空機113機、原子力空母「ロナルド・レーガン」を含む艦船12隻を投入した。また、米軍の指揮官は、地震発生直後はフィールド在日米軍司令官(空軍中将)だったが、格上のウォルシュ米海軍太平洋艦隊司令官(海軍大将)が着任するなど、支援を大きく拡大させた。

あのロシアのブーチン首相さえ、『日本が社会的秩序を失わず、互いに助け合い、人間的連帯で困難に立ち向かっているのは、日本独特の栄誉を重んじ、恥を知り、礼を貫く武士道精神を失っていないからだ』と称える。

shinsai
中国各紙は13日、東日本大震災で大きな被害を受けながらも、 日本人が整然と行動し、街の秩序が保たれている様子を驚きをもって伝えた。

教育勅語の『一旦緩急アレハ義勇公に奉し』に通じる姿勢は今も日本人の心に宿り、立派に生き続けているのだ。

ただ一つ残念なことは、各国救助隊に関する日本のマスコミ報道について。真っ先に支援表明した親日国・台湾はほとんど報道されなかった。「1つの中国」を標榜する中国に気遣ってのことなのでしょうが…残念でなりません。


いつも応援、ありがとうございます!読まれたら1クリックお願いします!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ





スポンサーサイト

*Comment

hierarchy 

日本は、天皇を中心とする神の国です。

日本人には日本語があり、日本語には階称 (言葉づかい) がある。
「上とみるか、下とみるか」の判断により序列関係 (義理) を作る。
義理が廃ればこの世は闇と考えられている。

日本人は、礼儀正しい。
日本人の礼儀は、序列作法である。
序列なきところには、礼儀なし。

日本人の社会は、序列社会である。
社会の構成員は、神々と下々に分かれている。
天皇は、序列最高位の人である。

天皇の御前では、全ての国民は「わし」でもなく、「わたし」でもなく、「わたくし」である。
価値観を揃えることで、日本人は一体感を得ている。安心感を得ている。
日本語の無い社会では日本人は価値観に迷いを生じ、心身ともに疲れ果てる。

序列社会では、序列判断とその作法により、人を遇する。
礼儀作法により、人々は向上心を掻き立てられている。
学校でも生徒に「身を立て、名をあげ、やよ励め」と歌わせている。

日本人の社会は、向上心により活気を得ている。
その原動力は、序列競争である。そのための試験地獄もある。
序列人間を作るのが、日本人教育の目的である。

教科の内容は、雑学ていどのものでよい。
日本人の学校は、格差を検出するための道具立てである。
だから、日本人は、序列人間となるために日本の学校で修業しなくてはならない。
四年間、大学で遊ぶことも、また序列作りに必要なことである。
生涯の協力も序列協力でなされるからである。

意思薄弱と他力本願を伴う幼児症に罹っていて、序列の外には出られない。
英国も日本も島国であるが、島国根性になるのは日本人だけである。

移民をすれば、序列社会を出なければならない。
外国では、序列判断も序列協力も成り立たず、日本人は本来の力を発揮できない。
それで、さまよえる日系人となり、精神的な不安定さにさいなまれる。

日系人は、移民先で勢力を拡大することもなく、祖国に帰って国の柱となることもない。
我が国の天皇制は、日本人に心の安らぎを与え、仕事に励ましを与える世俗の上下観である。
我々の過去を語ることもなく、行き着く先を示すこともない。

http://www11.ocn.ne.jp/~noga1213/
http://page.cafe.ocn.ne.jp/profile/terasima/diary/200812

Re: hierarchy 

コメント有難うございます。

日本人は天皇陛下を中心とした階級社会によって世俗の上下観を形成し、精神的安定を得ている…というのは内向きな国民性と照らしても的を得ていると思います。ただ、「天皇制」は左翼用語で、本来は「皇室制度」と呼んだ方が良いと思います。
  • posted by 耳庵 
  • URL 
  • 2011.05/07 17:32分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。