マスコミが報道しない真実

マスコミの言う「報道の自由」は、「報道しない自由」でもある。その報道されない真実とは…

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歪んだ現代の教育と、「日教組」 【教育】

日教組は昭和27年の創設当時から 教育の現場にイデオロギー(政治的思想)を持ち込む極左反社会勢力である。日教組運動の本質とは何か?

それはコミンテルン指導下に、天皇を否定し、反米・親露中朝を路線とし、教育を荒廃に導く方針です。運動方針の特徴は…

■国旗・国家・道徳教育反対
■マルクス・レーニン主義を根底とし、歴史・伝統・文化を破壊。日本国家解体をめざす
■教え子を再び戦場に送るなをスローガンに護憲・反基地・反安保・反自衛隊の立場をとる
■子供の権利条約について参政権と納税の義務以外は成人に関する憲法の規定通りと主張する
■近代・現代史のみならず、天皇を中心とする我が国の歴史を全面否定する
東京裁判史観に立つ
ジェンダーフリー教育
■男女共同参画社会基本法に便乗した方針
■男女混合名簿
■過激な性教育の実践
■体育・家庭科男女共催
■選択的夫婦別姓推進
■規律・規範を教えず、自由のみ教える教育。義務と責任を教えず、人権のみを教え、平等を全てとした教育を行なう。

日本人の資質を貶めた罪は「日本のガン」と呼ばれるにふさわしい。

韓国修学旅行
広島県立世羅高校が実施した韓国修学旅行での光景。

広島県立世羅高校の反日教員は、生徒に韓国の独立運動記念公園で「日帝侵略と植民地蛮行を謝罪する文章」を朗読させ、さらに居並ぶ韓国人に向かって膝をつかせて謝罪させた。同校の校長は連日連夜、国旗掲揚・国歌斉唱の中止を求める日教組や部落解放同盟などとの交渉に追われ、心労から自殺。(産経新聞)





私の思い


驚くべきことに、これはほんの一部の例に過ぎません。彼らは教育委員会を事務局から牛耳り、歴史教科書選定で自らの思想に合わないものをあらかじめ除外したり、校長をはじめとする学校人事に介入するなどして教育に広く深く影響を及ぼしています。また、反日マスコミとは同じ左翼思想の元に結託しており、これらを報道する事は一切ありません。

また、民主党の有力支持母体でもあり、幹部にも元日教組の関係者が多い。部落、在日、自治労その他反日利権団体と共に「日の丸を掲げない政党」の一翼を担っている。



「個性・平等・人権」を連呼すれば学校が荒れるのも当然であろう。「個性」とは必要最低限の社会ルールや知識を身に付けた上で発揮されるものであり、「平等」とは親子同列はもちろん競争しないことでもない。また、親に扶養され、血税で教育をうけている子供に「人権」などない。

教育も確かに労働である。しかし、教師の労働は人を育てることであり、そこには高い専門性と使命感が求められる。したがって教師とは、階級闘争主義(恩師と生徒、親と子も平等という思想)からもっとも縁遠い労働者のはずなのである。

このような日教組が教育を歪め、日本人の資質を荒廃させる一因になっていることは間違いない。日教組が軍国主義の象徴とレッテルを貼る「教育勅語」は、戦前の道徳教育の核となっていたものであるが、現代の日本人に失われつつある普遍的な価値を持つものである。今こそ本来の人間教育を取り戻さねばなりません。

子供のための教育勅語


教科書から消えた偉人【中江藤樹】
http://roboukoishi.blog36.fc2.com/blog-entry-50.html


いつも応援、ありがとうございます!読まれたら1クリックお願いします!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

*Comment

3日にコメントしたものです。 

誤解していたようで、日教組=在日、ではないのですね。失礼しました。
私はつい最近、尖閣諸島の件で目覚めたものです。あの一件で、歴史問題、国防、田母神さんの講演等、勉強はじめました。生まれてから43年間、私は自分の国のこと、こうした問題についてほとんど知らなかったんだ、、、と自分で情けない思いです。
いずれにせよ、日教組、絶対に許せないです。怒りで呼吸が苦しくなるほどでした。
ところで耳庵さんのブログ、大変わかりやすいです。私もようやく在日のこと、外国人参政権のこと、日教組のこと、自分なりに勉強させていただきました。いろんなブログがありますが、中には主張はもっともだと思うのですが、感情に走りすぎて、かえって主張が届きにくいのでは、と思うものもあります。
応援しています。またいろいろ情報発信してください。私も今、せっせと知人に、これを思うサイトを発信しています。
  • posted by 主婦 
  • URL 
  • 2012.10/05 08:06分 
  • [Edit]

Re: 3日にコメントしたものです。 

主婦 さま

コメント有難うございます。

終戦後67年にして、マスコミが報道しない反日勢力の活動がインターネットを通じて少しずつ知られるようになってきました。私は44歳、「主婦さま」もそうですが他ブログで活動されている方々も同年代が非常に多いです。反日が反日を再生産する悪循環を現世代で断ち切れるか否かは我々にかかっていると思います。共に頑張りましょう。
  • posted by 耳庵 
  • URL 
  • 2012.10/07 09:34分 
  • [Edit]

No title 

私は台湾に来て、台湾の日本語世代の方から、「教育勅語」ということを知りました。そして、縁があり、私の手元に「教育勅語」の本があります。平成15年発行で明治神宮崇敬会発行のもの、現在の子供でもわかるようにかわいいイラストと言葉で説明を加えてあります。それを手にしたとき、10番目の言葉、「祖国を守る」という言葉が戦争をイメージして嫌だなという感想で本棚の奥に追いやられていました。でも、私も年を重ね、さらに今回の領土問題を考えるにあたり、10番の大切さを身にしみて感じました。私は台湾に住んでいるのですが、近年のインターネットのおかげで日本にいるようにいろいろな情報が手に入ります。そして、このブログに出会えたことを感謝します。
  • posted by  
  • URL 
  • 2012.10/16 17:12分 
  • [Edit]

Re: No title 

台湾からのコメント有難うございます。

戦勝国は「ウォーギルティインフォメーションプログラム」に従って日本に軍国主義のレッテルを張り、戦前の日本を全否定しました。日本人は「祖国を守る」という戦いにすら嫌悪感を抱き、祖国の為に南方に散った英霊の遺骨収集にさえ真剣に取り組まずに来たのです。まるで汚れた過去を消し去りたいかのように…。

おっしゃられるように、「領土問題」をきっかけに日本人は国家観に目覚めつつあり、安倍自民党新総裁の誕生は日本国民の危機意識に対する変化を反映しております。また、彼のみが掲げた「靖国参拝」は特筆すべきことでしょう。なぜなら、「英霊への崇敬の念」は「祖国を守る」と同義なのですから。

今後とも宜しくお願い致します。
  • posted by 耳庵 
  • URL 
  • 2012.10/20 15:39分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

*Trackback

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【歪んだ現代の教育と、】

日教組は昭和27年の創設当時から 教育の現場にイデオロギー(政治的思想)を持ち込む極左反社会勢力であ

左サイドMenu

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。