マスコミが報道しない真実

マスコミの言う「報道の自由」は、「報道しない自由」でもある。その報道されない真実とは…

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

在日朝鮮人と外国人参政権 【売国法案】

地方参政権…それは主権を保有する日本国民に平等に与えられた固有の権利である。この権利を獲得しようと躍起になっている勢力がある。在日韓国朝鮮人である。

普通に考えれば、日本に住むことが特別に許可されている外国人の参政権など認められるはずがない。しかし、次期衆院選挙が近づく今、法案成立は時間の問題になっています。



差別は良くないが、やはりきちんと区別すべきでは?



このような人々と、運命を共に出来ますか?




私の思い



まず在日朝鮮人が地方参政権を主張する時、「侵略」により国籍を奪われた結果、「強制連行」によって日本に連れて来られた。その上、「日本人と同じように税金を払っているのだから当然だ」。また、「韓国は在韓日本人に選挙権を与えている」との根拠に基づいている。

「朝鮮半島を侵略した」?
 日韓併合の真実
 http://specific-asian-flash.web.infoseek.co.jp/heigou.html

 在日 強制連行の嘘
 http://roboukoishi.blog36.fc2.com/blog-entry-28.html


「税金を納めているのだから当然」?
「納税の義務」と「参政権」は全く関連性が無い。何故なら日本人であれば税金を一円も払っていなくても参政権はあるからだ。つまり、参政権は日本国民のみに平等に与えられた固有の、かつ最大の権利である。税金は公共サービスを利用する為の対価であり、これを混同すること自体が間違いなのである。そもそも、外国籍のまま参政権を得るのは日本に帰化せず、「在日特権」を得ている在日朝鮮人に他ならない。特権を持ったまま参政権を得ようなど、あつかましいにも程がある。


「韓国は在韓日本人に選挙権を与えているから当然」?
これは、日本における在日朝鮮人の参政権獲得を目的にした「地ならし」であるとさえ言われている。何故なら、日本に永住する在日韓国人は50万人以上なのに対し、韓国でその対象になる在韓日本人はわずか59人(H16年度)であり、相互主義が成立する条件では全くないからである。

また、日本在住の特別永住権を持つ在日朝鮮人を良心的な外国人と考えるのは早計で、大半は反日教育を受け、帰化を拒み続けている事実を知るべきである。民主党のマニフェストには一千万人の移民を受け入れる政策もある。二つをセットにすれば日本国内で外国人が地方議会を独占する可能性すらある。また、教育や福祉などは、自治体が条例を作り運用していく部分が大きく、たとえば教育に携わる職員の登用や、教育委員の任命、公安委員の任命などは地方自治体が行なっている。外国人の多い自治体では日本人より外国人を重視する政策を行う首長が誕生する可能性があると同時に、教育や福祉、条例制定に関わることもでき、外国人に都合のよい自治体となる可能性もある。また、地方参政権を認めてしまえば、国政選挙参政権を拒む理由など無くなるのだ。





「日本列島は日本人だけの所有物じゃないんですから」だと?
日本列島が日本人のものでなければ誰のものか?「愛のテーマ」などという抽象的な思想で片付ける問題ではない。だいたい「参政権ぐらい」とは何だ!参政権とは、最終責任者たる日本国民のみに与えられた最大の権利であり、国民主権の根幹を成す重大問題である。戦争になって日本を守る気の無い人間に参政権を与える必要などない。どうしても欲しければ帰化し、共に日本人として生きる覚悟を固めるべきである。


何故のような売国法案が民主党から持ち上がるのか?答えは支持母体である大韓民国民団の存在にある。資金・票集めの為には手段を選ばない…。国会議員のモラルも地に堕ちたと言わざるを得ない。日本国及び日本人の利益を最大限追求するのが政治家ではないのか?民主党も公明党も社民党も共産党も外国人参政権を推進しています。残念ながら 外国人参政権を阻止できる政党は自民党だけなのが日本の現状です。 民主党が政権を取ったら間違いなく外国人参政権が成立します。 次期衆院選で、売国議員・売国政党は国会からことごとく追放すべきだ。最大野党の民主党がこれでは話にならない。幹事長がこの様では売国政党と言われても仕方がない。

民主党の正体を暴く!
http://roboukoishi.blog36.fc2.com/blog-entry-21.html


いつも応援、ありがとうございます!読まれたら1クリックお願いします!

↓ ↓ ↓ ↓ ↓
人気ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

*Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

右サイドメニュー

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。